JA葬祭 天祥館ホームページ

トップページ
天祥館とは
プランのご案内
会場のご案内
百歳倶楽部
よくあるご質問
小原正俊

JA東部
代表理事組合長

松澤 正輝

川元昭司

JAグリーン鹿児島
代表理事組合長

村山 眞一郎

天祥館のあゆみ

 「天祥館」は、昭和48年より「農協葬祭センター」としてJAグリーン鹿児島・JA東部・JA谷山の3JAの共同事業として発足し、現在は、平成18年3月にJAグリーン鹿児島とJA谷山の2JAが合併し、新生JAグリーン鹿児島とJA東部の2JA共同事業として再スタートいたしております。
 この間、社会情勢として自宅葬儀から斎場葬儀へと移り変わっていく中で、平成8年に斎場「JA葬祭 天祥館」を建設し、また、平成15年には、坂之上地区に「天祥館 光山斎場」と、東谷山地区に、年忌・法要等に対応できる「法要会館」を建設いたしました。
 私ども「天祥館」は、これからも多くの組合員・地域の方々にお役に立つ斎場として時代のニーズに合わせた新たなご葬儀を提案し、故人・ご遺族の想いを大切に、又ご会葬いただきましたすべての皆様に「いいお葬式だった」と心に残るセレモニーの提供に努めるとともに、総合葬祭として、JAの理念である相互扶助の精神にもとづき、組合員・地域の方々の負託に応え、安心できる葬儀サービスの提供と地域の福祉向上並びに生活の合理化を目指して葬祭事業に全力を尽くし取り組んで参ります。
 最愛の家族の死ほど悲しいものはありません。ご葬儀は、人生最後の大切な儀式であり、残されたご遺族にとっても故人の想いを継承する大切な儀式であります。
 ご葬儀に不安をお持ちの方々も多くいらっしゃることと思います。どのようなことでも結構です。お気軽にお問い合わせくださいますようよろしくお願い申し上げます。

「天祥館」名前の由来

 「天国」を表す「天」と、「きざし」「喪礼から吉祭に移るかわりめのまつり」「めでたいこと」の意味で「神」を表す示辺を持つ「祥」を用い、全体として「天・神を写し、喪の後に、めでたいことの起こるきざしを感じさせる館」の意味合いで「故人に対しては天国を意味し、次の世代の者には栄転の兆し」を表しています。